dohjn


64列マルチスライスCT

 
 TOSHIBA「Aquilion CXL」

CTとはComputed Tomography(コンピュータ断層撮影)の略で、体の周りからX線を当て、それを受ける検出器が対になって体の周囲を回転し輪切りの画像を作ります。
マルチスライス型とは現在最新の方式で、検出器を体軸方向に複数並べているので1周で複数の画像データを得ることができます。
本院では64列マルチスライスCTを導入し、従来のCTでは難しいかった心臓の検査をはじめ、撮影範囲の広い大動脈や下肢動脈なども短時間での検査が可能となりました。
 下記の画像は、64列マルチスライスCT装置を用いて心臓、頭部、下肢を撮影し、結果をコンピュータ処理後血管部分の画像を再構築したものです。


検査機器紹介に戻る