dohjn


消化管内視鏡検査

当院では上部消化管内視鏡、大腸内視鏡、ERCPを行っております。

上部消化管内視鏡:通常の経口内視鏡(ハイビジョン内視鏡)に加え、NBI拡大観察、細径スコープ(経鼻内視鏡)も行っております。

大腸内視鏡:外来検査を基本としておりますが、前処置が不安な方など入院での検査も行っております。検査前日の検査食や下剤等前処置の処方が必要ですので検査前日までに外来受診をお願いしております。ポリープ切除等の治療も同時に施行を希望される場合は、入院にて検査を行っております(治療を行わなかった場合は当日退院可能です)。

ERCP:入院の上施行しております。

内視鏡治療、処置について
胃・大腸ポリープ治療(ポリペクトミー、粘膜切除)食道静脈瘤硬化療法、EVL, 胃瘻造設術(PEG)、止血術、乳頭切開術、胆道結石除去術、ステント留置 他

内視鏡検査・治療は、日本消化器内視鏡学会認定専門医(常勤・非常勤)が行っております。

検査予約については、当院放射線科受付までお電話でお願い致します。

検査機器紹介に戻る