dohjn


MRI

 
 MRI HITACHI「APERTO Inspire」

MRIはMagnetic Resonance Imaging(磁気共鳴画像)の略です。強力な磁場と電波を使って、体の内部からてくる信号を読み取り、全身のあらゆる方向の画像が得る検査です。本院では強力高精度永久磁石方式の320度の開口部をもつ、ワイドオープン型のシステムを導入しています。下記の画像は、MRI装置で撮影した頭部と頸椎の画像と、造影剤を使用せずに頭部の血管の様子を詳しく立体画像化したMRA(磁気共鳴血管造影)の画像です。
MRAは、Magnetic Resonace Angiography (磁気共鳴血管造影)の略で、MRI装置を使って血管を立体的・鮮明に画像化するものでMRIの一種です。カテーテルを挿入して行う血管造影検査と異なり、造影剤を使わないで動脈の様子が分かるので体を傷つけることなく短時間で制度の高い情報が得られます。MRAを使って脳動脈硬化の進み具合や血管内部が狭くなっているかなどを調べることができます。

     



検査機器紹介に戻る