dohjn


心臓エコー検査

心臓に超音波をあてる事で心臓の心室や心房の大きさ、心室筋壁の厚さ、壁の動き、弁の形態や動きがわかります。カラードプラ法を行うと心臓の血液の流れを観察する事ができ弁の異常や壁に穴が開いているか否かなどがわかります。ドプラ法(PW,CW)で心臓からの駆出圧を推定することも可能です。心臓の形の異常を発見する形態的診断の面と心臓の働きを見る機能的診断の両面をもつ検査であり、特に動いている心臓をライブで観察できる非常に優れた検査です。



検査機器紹介に戻る