dohjn


事務部


   事務部長 濱ア柾彰

このたび、平成27年6月1日付をもって事務部長に就任いたしました濱ア柾彰と申します。
近年の医療情勢は日々変化し、病院に対する患者さんのニーズも多様化している中、病院運営における事務部門の役割は益々重要になっています。
事務部の役割は、患者さまに安心して頂ける医療サービスを提供する環境を整えることはもちろんですが、医師・看護師・薬剤師・医療技術員等、全ての職員が誇りをもって働ける環境を整えることも役割のひとつです
常に視野を広げることを心がけ、地域の皆様から信頼される病院作りに誠意をもって取り組んで参ります。よろしくお願い申し上げます。

病院の事務職員というと医療事務の印象が強いですが、それだけではなく一般企業と同様に総務、経理、経営企画などの幅広い業務を行っています。当院の事務部は4つの課からなるスタッフが業務に携わっています。

医療サービス課は、病院に来られてからお帰りになるまで、外来・入院診療に関する事務的業務を担っています。
主な業務としては、新規外来患者の受付登録、外来受付での医療費計算、外来・入院診療報酬の請求、未収金の督促及び管理等があります。
「同仁病院に来てよかった」と言って頂けるよう優しい微笑みで皆様をお迎えいたします。
総務課は、
病院事業の物的原資となる「施設・設備」、「資材」の管理部門として、建物の保全・管理、医療機器等の保守・整備、医療材料等の供給・管理業務、防火・警備・清掃等の管理をその主な業務とします。
こうした業務を通じ、患者さまに快適に過ごして頂くため、コスト面を重視しながら環境整備に取り組んでいます。
経理課は、予算・決算報告書の作成、財務諸表の作成、資金管理、出納、事務、職員の給与計算及び支給など、主に病院運営のための金銭に関わる業務を行っています。
病院では的確な経営状況を把握するため病院会計準則に則った会計処理が求められます。
経理課ではコンプライアンスを重視し透明性の高い経理事務に努めています。
経営企画課は、病院内の行事や会議、官公庁への各種届出、補助金の申請、重要文書管理など、幅広い業務を担当しており、病院運営を円滑に進める役割を担っています。
また、職員の採用などの人事管理や労務管理、福利厚生なども担当し、職員一人一人が充実感を得られるよう、より良い労働環境の整備に努めています。

事務部はこれからも、患者さまに満足していただける、地域に根差した、より良い病院づくりに努めてまいります。どうぞよろしくお願い申し上げます。なお当病院へのご意見・ご要望などがございましたら、受付カウンター横など病院数か所に設置しております「患者さんの声箱」などをお気軽にご利用いただければ幸いに存じます。